パチパラ12 ネタバレビュー 第6回

パチパラ12 パチプロ風雲録4の初回プレイレビューです。

注意:
・完全にネタバレしながら進みます
・レビュー内のセリフや表記はゲームと完全に一致してるわけではありません
・展開やイベント時期も厳密にトレースしているわけではありません

他の回はこちらへ





[メゾン大海]
翌朝。
大海公園の方が騒がしいということで直行。

[大海公園]
なんと!
ラジオ体操指導員の柳田が首を吊っている!
そういえば加納女医から「顔色が悪い」という情報を聞いていたな…
いやそれにしても、よもやこんな展開になるとは…。

近くの警官から
 ・柳田の部屋から血のついたナイフが見つかった
 ・その血はパチンコ屋殺人事件の被害者のものと同一
との情報をゲット。
なるほど、最初の事件とここでつながってくるわけですな。

警官はパチンコ屋殺人事件の真犯人が柳田で、
自責の念に耐えられずに自殺したと言っていましたが、はい消えた。
パチンコ屋殺人事件の謎を解くというのはゲームの最大目標ですので、
こんなところでそんなに薄い終わり方をするわけがありません。

情報を集めにパチンコ屋へ行ってみましょう。

[パチンコ屋 ベリーラッキー]
まず美沢ゆき嬢(ポニ娘)にあいさつ。
しかし柳田が死んだことに対する情報はほとんど得られず。
代わりに金魚を飼う器がないという悩みを打ち明けられました。
人が一人死んだというのにこの癒されっぷりったらなんでしょう。
金魚鉢なあ。盆踊りの日に屋台で売ってたんだけど買い損ねちゃったなあ。

柳田情報を集めながら店内を巡回。
すると新キャラ パチプロ主婦 千尋 を発見。
もちろん勝負になるわけですが、その前に一度店を出ます。
腹八分より大満腹のほうが有利かどうかを検証するために。

[寿司屋 えの鮨]
へい大将!ヒラメのえんがわとヒラメのえんがわ頂戴!

[パチンコ屋 ベリーラッキー]
「大満腹」になったところで再度パチプロ主婦 千尋のもとへ。
さあ勝負!

ド楽勝。
必殺技「燃える魂」をゲット。一線級と当たるまではなかなか使える技です。

「大満腹」にしたのが大正解。ゲージ上昇速度が上がりました。
パチパラ13で仕様が変更されていたのですね。
これからは死ぬほど大トロとか食べたいと思います。えの鮨で。

その後も聞き込みを続けるために店内徘徊。
黒崎という店員から「柳田は自殺するような男じゃない!」との証言。

チャラリーン♪「ラジオ体操指導員他殺疑惑が発生した」

この時点で集まっているピースは下記。
 ・柳田は給料を前借りしていた
 ・柳田は悩んでいる様子だった
 ・柳田と黒崎は親友
 ・柳田はパチンコ「ベリーラッキー」の常連

ピースとしては存在していないものの、
 ・顔色が悪かった
 ・パチンコ屋の女店員に言い寄っていた
という証言も得られています。

ここで推理エディタを起動。ピースを確認すると…、

うおっ 結論が2個あるぞ

スタート「ラジオ体操指導員の柳田は…」
ゴール1「…だから自殺だ」
ゴール2「…だから他殺だ」


ピースのつなげ方によって結論が変わるということ?
くっそ 普通に面白いじゃんかよ

試しにこれまで持ってるピースをつなげてみると…、

ガシーン 推理完了!

うおっっ つながってしまったぞ

柳田はパチンコが好きで、会社から給料を前借りしていた。
遊ぶ金欲しさに殺人を犯し、事件後に後悔して自殺に及んだのだろう。


うわー ぜってーちげー

ゴール1とつながって、ごっつい奥の浅い結論になってしまいました。
推理を完成させた状態で三上警部に話しかけると物語が進行するようです。
でも当然ながら自殺とは思えませんので、いったん推理をリセット。
もう少しピースを集めてから考え直すことにします。

書き忘れましたが大八とかいう名前の人とパチンコ勝負をしており、
楽勝して必殺技「開花の万力」をゲットしてます。
「燃える魂」でゲージを上昇させて、
「開花の万力」でスタートチャッカーを開けて玉を流し込み、
デジタル回りっぱ獲得玉数増えっぱという鬼作戦がようやく実現。
このセットでこれから臨もうっと。

[キッチンたま]
なんとなく寄ってなんとなくトイレに300玉流したら大当たり。(第4回参照)
はて一体なにが起きるのかしらと見ていたら、中から人の声が。

…ふむ。なるほど。

要約すると、あなたはトイレの中から家具を売ってくれるということでいいですね?
はい。わかりました。いえ、全然わかりませんが。
じゃあ俺は「カラーテレビ」が欲しいです。ああ残念、所持金が足りないや。



この狐につままれた感じはどう処理したらいいの

[メゾン大海]
毎日ガンガンストーリーが進行してますが、
今一番の悩みはポニ娘にあげる金魚鉢をどうやって手に入れるか。
もう盆踊り終わっちゃってるし、どこに行っても見かけないし。
うーむ。
[PR]